「モノ」暮らし日記

monogurasi.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 26日

簡単パンプキンポタージュの出来上がり!

寒い朝は1分でも長く寝ていたいからご飯なんていらない。
仕事から帰って、ご飯を作る気力もない。
そんな日もあります。
でもこれさえあれば、なんとかなる。
それは「バーミックス」
d0141436_0394823.jpg


1955年スイスで生まれてからロングセラーのバーミックス。
ハンドミキサーとでも言うのでしょうか、すごく便利です。
今日はかぼちゃと牛乳があったので、簡単パンプキンポタージュを作りました。
もちろん、普通のミキサーで作る事も出来ますが、バーミックスは鍋や容器を
傷つけずにその中でつぶしたり、混ぜたり、刻んだり、砕いたり出来るのです。

かぼちゃを適当な大きさに切って鍋に水、固形スープの素、白ワインを入れて
柔らかくなるまで煮込みます。
鍋の中にバーミックスを入れて数秒、かぼちゃがみるみるうちに砕けます。
d0141436_0191178.jpg


そこに牛乳を入れて、塩こしょうで味を整えるだけ。
これはわたしが適当に作ったレシピですが、他には玉ねぎなどと一緒に炒めて、
水と固形スープの素で煮込み、バーミックスにかけても良いと思います。
そして裏ごしするとなめらかになりますが、わたしはかぼちゃを食べる感じに
したいのでいつも裏ごししません。
とにかく簡単。
朝はバナナと牛乳を容器に入れて数秒、バナナシェイクを作って飲んでます。

他にもふりかけやパン粉を作ったり、コーヒー豆をひいたり、ピーナッツバター
を作ったり、練りゴマも簡単に出来ちゃうんです。
パセリと松の実、オリーブオイルとパルメザンチーズで作るジェノベーゼ
もバーミックスで作ります。

今日の夜も簡単パンプキンポタージュの出来上がり!
d0141436_0192298.jpg


今日の器
岐阜の水野幸一さん、銅彩の平鉢
北海道旭川の木工作家 加藤克己さんのイニシャルスプーンです。

ちなみに水野さんの銅彩の器にパンプキンポタージュという組み合わせ、
先月、二子玉川のKOHORO(コホロ)さんで開催された水野さんの個展
の際に使われた写真と同じ組み合わせです。
それを見て、銅彩の器にかぼちゃの黄色がなんてよく映えるんだろうと
思っていました。ならばわたしも、とばかりに今回チャレンジ。
やっぱり素敵な組み合わせ!
そして、スプーンはやっぱり木製です。
金属のスプーンももちろん使いますが、ポタージュのように温かくて
とろとろしている飲み物には、温かさを感じる木製のスプーンに限ります。
器ってすばらしいですね。同じものが器次第で違う味に感じてしまうくらい
不思議な力を持っています。
わたしの場合、料理の腕を器がほとんどカバーしてくれてます。

器に負けない料理、今年こそは頑張ります。と心に誓った夜でした。
[PR]

by bedpeace77 | 2008-01-26 00:44 | 道具箱


<< アナログ生活〜文通のススメ〜      Candle Night >>