<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 30日

いしぶみ

先日、久しぶりの母校へ行く途中の海岸で、見知らぬおじさんから石をいくつか頂いた。
場所は函館大森浜というところ。
海があって、山も見えて本当に良いところで大好きな場所です。
しばらくの間一人でぼーっと考え事をしていると、目の前に現れた白髪、ロンゲ、おまけにひげも超ロンゲ、鮮やかな水色のTシャツにベスト姿の仙人のようなおじさんが、目の前で石を拾い始めた。
もしや無能の人?・・・と思っていると、いくつか拾ってわたしに「お姉ちゃん、これあげるからお母さんにあげな。喜ぶよ」「あ〜、このガラスも綺麗だからあげるよ」と、合計3つの石+硝子の破片をくれた。
・・・・・・・お母さんに石をあげたら喜ぶ・・・・・・・
心に響くこの言葉。
おくりびとのいしぶみを思い出す。
ということで、私も拾って家へ持ち帰りました。
左がわたしが拾った石たち。右がおじさんがくれた石。
d0141436_11115367.jpg

そのおじさん曰く、拾った石たちをこすり合わせて音を楽しむのだそうです。
やり方まで教えてくれました!

先日ある雑誌を見ていると、おくりびとの脚本を書いた小山さんと、シダックスの社長志田さんの対談が載っていた。
その中で小山さんが「いしぶみ」について記しているところがあります。
いしぶみとは、自分の今の気持ちに最も似た形の石を選び相手へ贈る、受け取った人は石ころの形や手触りから相手が自分に何を伝えようとしているのか読み解かなくてはいけないというもの。
その原点となるのが、原始的なコミュニケーションの大切さ。
携帯電話の普及により、絵文字などで簡単に相手へ気持ちを表現できる分、相手を思う心が薄れてきている事に疑問を感じているという記事でした。

実はわたしの携帯、カメラもついていなければ、文字数も限られている。
相手が送ってくれる絵文字も同じ絵文字では受信できない。
それが余計にややこしい。以前もこんな出来事があった。
「ご飯食べに行こうよ」とわたしが送ったメールの返答
「いいよ。近々ね。」的な内容なのに、その後についていた絵文字が困り顔
行きたいのか、行きたくないのか!!!!!
どっちなんだよ!!!!

まあ、新しい携帯にすればこんな事も解消できるとは思うのですが・・・

よって、私のメールの9割は絵文字無しです。
そっけなくてすみません。携帯を完全否定しているのではありませんが、もっと大切な事があるのでは・・・と思うのも事実。

というわけで来年の母の日は、石ですね。
[PR]

by bedpeace77 | 2009-07-30 11:54 | つれづれ
2009年 07月 26日

「70」

この数字、我が家にある引き出しの数。

d0141436_22311117.jpg


何とか素敵な使い道を!と思い、あれこれ考えてもう1ヶ月。
「1年に1つの引き出しを使って、その年に届いた思い出深い手紙を入れたらどうですかねぇ?」
「いい、それ!!!!でもそれって・・・全部の引き出しを使うのって100歳?」
「旅をした場所ごとに1つの引き出しを使って旅の思い出を入れるのはどうかなぁ」
「それでもいいですねぇ」

そんな会話をしながら、今もこの70の引き出しの使い方を考え続けていますが・・・
紙に書き出して、色んな分類を作ってみたり・・・
整理しようと思えば思う程、70もあったら訳がわからなくなる。
結局、「切るもの」「書くもの」など道具の他、箸を入れたり、カトラリーを入れたり、かなり実用的に使用中。
でも、なんか素敵な使い道はないかなぁと今も考え続けておりまして。

いい案があれば是非!
[PR]

by bedpeace77 | 2009-07-26 22:44 | 道具箱
2009年 07月 21日

器談義

先日とあるご夫婦Mさんのお宅にご招待され、幸せな時間を過ごしてきました。
歳は、わたしの親以上のご夫婦なのだが、とてもとても素敵なご夫婦。
趣味も渋好みなところもわたしとぴったり。何度かお話しただけで意気投合。
以前から「遊びにいらして!」とおっしゃって頂いていはいたものの、なかなか行けずにいたのですが今回はタイミングが合って遊びにいくことに・・・

だんな様も奥様も器や工芸が大好きで、全国焼物の産地を旅したり、ギャラリーをまわったり、自分でいろんなモノを作ったり、アレンジしたり。

そんなこだわりのご夫婦への手みやげにわたしが選んだのは・・・
その日岩手から届いたばかりの「まごどさ」→菜種油です。
「サラダにかけて塩をふるだけですっっごくオイシイ」と聞きつけて取り寄せてみた。
「まごどさ」とは、まごたちへ、という意味。
まごたちへ残していきたいという意味だそうで。
岩手南部の山間地で、希少な国産菜種を使用し、製造方法に徹底的にこだわり抜かれて作られる菜種油。
50年以上前に生産された機械を使用し、当時のままの製法でなたね油を製造しています。
効率優先の世の中で、丁寧なモノ作りをし、丁寧な仕事をし、丁寧な暮らしをする方々や、そんな人たちが作り出すモノに惹かれます。

そんな菜種油はこちら↓
d0141436_10111458.jpg

サラダにも、冷や奴にも、揚げ物にも、炒め物にも、何でもおいしい!

まごどさを持ってお邪魔すると・・・まずは三時のおやつ。
d0141436_10154550.jpg

札幌の作家、菊池絹枝さんのカップでアイスコーヒー
そして一輪挿しにお手製ガムシロップが。
d0141436_10263663.jpg


最近は新聞紙を再利用してバッグ作りをしているそうです。
これに、野菜をお裾分けしたり、ちょっと誰かに贈り物したりする時に使うように作っているらしい。
d0141436_10282380.jpg


わたしの好きな旭川の陶芸家、工藤和彦さんの器がここにも!
d0141436_10301222.jpg

代表的な作風は、黄粉引。私が持っているのは片口と皿ですが、Mさんは丼。
大きさも形も本当に使いやすそう!
夕飯は、工藤さんの器を使ってのおもてなし。
d0141436_10332493.jpg

d0141436_1036587.jpg

どれも一品一品丁寧に作られている夕飯と、楽しい時間。
3時半にお伺いし、夕飯準備の頃にはおいとましようと思っていたのですが・・・
最初の2時間ははんこで遊び、その後は器談義に盛り上がり・・・
あまりに楽しすぎて結局8時間以上もお邪魔してしまった(反省)

Mさん、これに懲りずにまた是非遊びにいかせて下さい!
次回は9時までには・・・
[PR]

by bedpeace77 | 2009-07-21 10:51 | 器+料理
2009年 07月 04日

ようこそ!こけしちゃんズ

色々訳あって、捨てられそうになっていた作家物のこけしを二体もらってきた。

d0141436_0194418.jpg

その名もこけしちゃん。そのまま。

思わず頭をなでてあげたくなるこけしです!

横顔だって・・・
d0141436_02232.jpg

すまし顔。
[PR]

by bedpeace77 | 2009-07-04 00:23 | つれづれ
2009年 07月 03日

天然ボケッコー!

今日は、おにぎりを作って出勤しようと思ったが時間がなく、炊きたてのご飯に梅干し、
その他トマトや明太子などを詰めて家を出た。
あとはお惣菜でも買っておかずにしようと・・・

しかし、昼になるとご飯を詰めた弁当箱がある事をすっかり忘れ、おそばを注文して食べ
てしまった。バッグがやけに重たいと思ったら、中身の入った弁当箱が・・・
このボケ、もう数回目。
この程度のボケでは自分にショックも受けないというから恐ろしい!

というわけで、夜はいきつけの居酒屋へ。これこれこういう訳で今日はご飯を持って
いる!おかずを二品適当に作ってくれ!
そう頼むと、マスターが笑いながらおかずを作ってくれた!
d0141436_22503726.jpg

弁当箱を用意して待っていると・・・
d0141436_22514884.jpg

出てきました!この後みそ汁も、珈琲も!結局ご飯が足りなくてご飯ももらった!
ほぼほぼ定食。

カウンターの隣にいるお客様もいつもの常連客。
会うとおしゃべりをする程度のおじさんなのだが、お弁当箱を用意しておかずを待っている私に、なぜか「お姉ちゃん、弁当持参なんてえらいね〜。マスターこの子にビール出して!」
とよくわからないコメント付きでビールを御馳走してくれようとした。
マスターがすかさず「えらくはないよ、お昼に弁当を食べるのを忘れたんだから!」

確かに全然えらくはない。むしろちょっと情けない。
まあ、でもそんな温かいお言葉をもらえただけでいい一日でした。

ちなみに昨日観たDVD「天然コケッコー」
島根が舞台のほのぼのとしたいい映画。是非観てみて下さい。
[PR]

by bedpeace77 | 2009-07-03 23:05 | つれづれ