<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2009年 03月 27日

Shock!! SOCKS'09!!

いまや世界的なソックスブランド「ANTIPAST」
http://www.antipast.co.jp/
わたしもいままでいくつか購入したり、頂いたり・・・
そんなアンティパストのイベント「Shock SOCKS'09」が29日まで札幌 
NUNO ANNEXで開催中。
(4年に一度だそうです)
住所はこちら↓
http://www.nuno.com/Japanese/Access/index.html
d0141436_2255474.jpg

いろんなお店でアンティパストは見かけますが、こんなにたくさんのアンティパスト
を見たのは初めて!
百?数百?、いや、どれだけあったかわかりませんが、わたしとおばさん、選ぶのに
2時間かかりました。
今まで購入したモノも、今回購入したモノも・・・
足ばかりで気持ち悪いかもしれませんが、靴下は本当にかわいいです。
d0141436_22594757.jpg
d0141436_231211.jpg
d0141436_230615.jpg
d0141436_2302828.jpg
d0141436_231964.jpg
d0141436_2315450.jpg
d0141436_2334573.jpg


わたしは地味なものを選びがちですが、もっともっとキュートなモノからメンズモノまで。
実に女心をくすぐる靴下です。まさにShockを受けるSOCKS。
是非ご覧あれ!
[PR]

by bedpeace77 | 2009-03-27 23:09 | モノ語り
2009年 03月 19日

自由の世界

先日、姉からちょっと昔の面白い話を聞いた。

わたしの母と、姉と、姪っ子、三人でレストランに行った時の出来事
いつものように姪っ子に「ばあちゃん絵描いて」とせがまれ、母が絵を描いていた。
姪っ子は小さい時から、「アンパンマン描いて」「食パンマン描いて」「女の子描いて」
と、描き終わると次から次へ描いて欲しい物を言ってくる。
よって、その姿は容易に想像できるのです。
その時も母に同じようにせがんでいたのでしょう。

母がひととおり絵を描き終わると、ウェイトレスさんがやってきて・・・
「いやぁ〜、子供の描く絵ってほんとおもしろ〜い」と、母が描いた絵を姪っ子が描いた
と完全に勘違い。
「わたしの絵なんです・・・」と言えなくなってしまった母は顔をひきつらせながら苦笑い。
姉は笑いを堪えきれないでいると・・・

更に・・・
「この絵頂いてもいいですか〜?」とウェイトレスさん。
厨房にまで持って行って、「ちょっとこの絵見て〜、子供の描く絵っておもしろ〜い、独創的
よね〜」とみんなに見せていたと言う。

一体どんな絵を描いたのか・・・気になるがその絵はレストランのウェイトレスさんが持って
いってしまったので残っていない。

大人になると、髪の毛は黒だの、目は二つだの、自分の中で常識をたくさん作ってしまう。
こうでなくてはいけない、こうしないとだめ、固定観念にとらわれがちな心を、子供たち
(+母)が自由の世界へ導いてくれるような気がするのです。

子供の絵だと間違われた母の絵。
こちらは違う時に母が描いた姪っ子の似顔絵ですが・・・↓

d0141436_23224080.jpg

なぜ髪の毛が緑なのかわからない・・・

また、父が姪っ子に「ひまわりだよ〜」と教えながら描いていたひまわりは黄色とは
ほど遠い色で描いていたという。


そうか、ひまわりは黄色じゃなくたっていいんだ!!!
そんな家族に囲まれわたしは自由の世界へ導かれていくのでした。
[PR]

by bedpeace77 | 2009-03-19 23:35 | つれづれ
2009年 03月 04日

「字」

「字」はよくその人を表すと言います。
本当にそう思います。
汚いだとか、きれいだとか、そういうことではない。
心が詰まっている気がするのです。
でもきれいにこした事ないのはたしか。

先日、ある方に「この方は、本当に丁寧なモノ作りをされる方ですよねぇ」と
お話すると「この字を見ればわかりますよ」と言われ、ハッとしました。
「字」ってやっぱりその人を表すのだ!そう実感したとき。
そこに本人がいなくてもちゃんと伝わっている。


わたしも筆できれいにすらすら手紙を書きたいなぁ。
なんて漠然と思っていて・・・
とある方(書道の資格を持っておられる先生)にそんな事をちらっと話してみたら・・・
「添削してあげるから、書いて持っておいで!」と、わたしの字を定期的に見て下さる
というのです。
しかも先生だというのに、ボランティアで。

ではお習字セットでも買って始めてみようかね。
なんとなくそう思っていると・・・
そんな事を全く知らないある方から、素敵なお手紙と共にお習字セットが送られて
きました。

これは一体・・・なんという偶然だろう。
わたしに、「字」を磨け!そう言っているとしか思えない偶然。

こちらが先日届きたてホヤホヤのミニお習字セット↓
d0141436_134454.jpg

そしてこちらが山口智子さんのお店、「燕子花」オリジナルの筆ペン↓
d0141436_182719.jpg

ボディは天然の紋竹、穂先は筆職人による手作り毛筆
燕子花のマークが彫り込まれています。
d0141436_192512.jpg


やる気も倍増する道具達。
道具は使いこなしてこそ道具というものです。
有り難い偶然に背中を押され、今年の目標が出来てしまいました。
[PR]

by bedpeace77 | 2009-03-04 01:29 | つれづれ