<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 25日

We Love ひょうたん!

ついさっき、たまたまつけたテレビで面白いものを見た。
番組名はNHKの「熱中時間」
変わった趣味を持つ人を紹介する番組だそうで・・・
今日は「ひょうたん」特集

つい先日ひょうたんにはまっているという記事をブログに書きました。
わたしがはまっていたのはひょうたん型にくり抜くこと。
この番組で取り上げられていたのは、ひょうたんを作る人々が集まる会
その名も「ジャンボひょうたん会」
ホームページはこちら↓
http://www8.ocn.ne.jp/~yyotsuki/
平均年齢がちょっと高そうな会ですが、なかなか面白そうです。
興味のある方は是非一度見てみて下さい。

自慢のひょうたんを持って会場に続々と集まる人々
d0141436_23301049.jpg

181名も集まればこんな感じ
d0141436_23312883.jpg

それぞれ自慢のひょうたんを披露します
d0141436_2333525.jpg

ひょうたんの作り方や技を伝授しあい、情報共有しています
d0141436_23362353.jpg

夕食を共にしながら楽しい会は続きます
d0141436_23371098.jpg

コンテストを行うと競い合うようになって技術を公開しなくなったり
情報交換しなくなったりする為に優劣はつけないそうです
すると参加者の皆さんはひたすら自分のひょうたんを自慢します
よって最後の〆は
d0141436_2343265.jpg

バンザーイ!!
幸せそう!!
[PR]

by bedpeace77 | 2009-02-25 23:49 | つれづれ
2009年 02月 24日

お雛祭り

先日ある一通の封筒が届きました。
中を開けると・・・
d0141436_11522916.jpg


中には手紙も説明の一筆も何もありません。
差出人は姉。
5歳になる姪っ子が、わたしが雛人形を持っていないのではと心配して
「送ろうか」ということになったらしい。

よく見るとお内裏様もお雛様も両腕が違う色。なんて大胆!
お雛様にはまつげがぱっちり、お内裏様にはまつげがない。
お雛様の衣装にはお花やハート模様が・・・
お内裏様の衣装には渦なのか唐草模様なのか・・・
そして、その他の3つの得体の知れない物体。

わたしが小さい頃に飾っていた雛飾りには両サイドに桜と橘の木がありました。
それをイメージして作ったのだと思ったら数は3つ。
なんとこれは三人官女らしい!

最近創作意欲が湧いているらしく、色んなモノを作っているという。
先日は折り紙で作ったわたしの顔と、こんなモノが送られてきた。
              ↓
d0141436_1215326.jpg

これは何に使うモノかと聞くと、お子様ランチについている旗のように
ハンバーグやチャーハンなどに刺して使うという。ケーキに刺してもいいよ
とのアドバイス。
なるほど。発想は大胆に。

ちなみにお雛様の飾り方、関東と関西で違うのです。
この写真の飾り方は、お内裏様が向かって右。お雛様が向かって左。
これは関西式。というか京都式。
その他の地域ではその逆です。

色んな説があるのかもしれませんが、一つは、元々京都の御所を中心に考えられており、
お内裏様から見て左右が決められているそうです。
向かって右に左大臣(老人)、左に右大臣(若人)。
京都の地図で、左京区が右側に、右京区が左側にあるのも同じ考え方。
よって京都ではお内裏様が右、お雛様が左。

しかし日本に海外の文化が入るようになり、昭和天皇即位の際には天皇陛下が向かって左、
皇后陛下が向かって右に並ばれた事に始まり、今ではこの並びが一般的。

でも京都の人形作家さんなどはいまでも昔ながらの並びを大切にしているので、
お内裏様が右、お雛様が左という風習を守っている事が多いのです。

姪っ子が作った雛人形。
この情熱と発想の大胆さ。学ぶ事多し!
わたしはこの大胆な雛人形、京都式で飾りたいと思います。
[PR]

by bedpeace77 | 2009-02-24 12:44 | つれづれ
2009年 02月 10日

節分

みなさんは「節分」の意味をご存知でしょうか。
旧暦で節分とは季節の分かれ目の意味で、立春、立夏、立冬など季節の変わり目の
前日をいうそうですが、今では立春の前日ということで2月3日ということになって
いるそうです。
立春というものの、札幌は大雪。
春など全くもって感じません。春の気配すらありませんが・・・

「福は内、鬼は外」と唱えて豆をまき、災いが家に入り込むのを防ぐ風習で、
これは古代中国で行われていた悪魔や厄神を追い払う儀式が、奈良時代に日本に伝わ
ったものだそうです。

恵方巻を食べる習慣は関西で根付いている文化
太巻きを決まった方角へ向かってまるごとかぶりつく不思議な行事。

豆まきに恵方巻
こういう楽しい行事は思う存分に楽しまねば・・・とわたしとNちゃん
まずはお面作りから
d0141436_0571168.jpg

ものの10分程度で作ったお面はなぜか石原良純似
つのはインゲン豆。
写真ではわかりづらいかもしれませんが、眉毛はラメ入りのくれよんで描いた為
角度によってはキラリ光っている。
このお面をNちゃんにも付けてもらった写真大公開
(個人情報保護の為、画像はいつもより小さめにしています)
d0141436_111956.jpg


その日ちょうどペルーにいる親友から届いた荷物の中に入っていた民族楽器が
鬼にぴったりでした。

恵方巻は結局切って食べやすくし、しかも今年は東北東を向いて食べると良かった
はずが、そんな事もすっかり忘れて食べる事に夢中。
ちょっとふざけすぎた節分でしたが、日本を楽しむ行事って大切だなぁと改めて
思う日でもありました。

Nちゃん、写真公開、大胆にしてごめんなさい!
[PR]

by bedpeace77 | 2009-02-10 01:16 | つれづれ