「モノ」暮らし日記

monogurasi.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 19日

レオナールフジタ経由ナオミ&ゴロー行き

先日待ちに待ったナオミ&ゴローさんのライブへ行ってきました。
昨年は、札幌と小樽での開催でしたが今年は札幌のみ「チョロン」と
「時計台ホール」の2会場。
昨年の小樽でのライブ、はりきりすぎたわたしは一番ノリに会場入りして
しまい、座った席は一番前のど真ん中。
最前列にも関わらず、まわりの方がわたしの両サイド一席ずつあけて座っ
たものだから、環境も最高です。
ナオミさんの天使の歌声が心に響いた小樽でのライブから一年
今年は、「一緒に行きたい」と言うお友達Iさんを誘って二人で行きました。

夜7時半開演だったので、まずは近代美術館で開催中の「レオナールフジタ」
を見に行きました。

日本人でありながらフランス人として生涯を終えた数奇な画家 藤田嗣治さん
彼がパリの地に足を踏み入れた1900年代初頭、世界中から若い芸術家達が
集まり活動をしていました。
レオナールフジタは、その中の一人でもあるモディリアーニとも交流があった
為、会場にはモディリアーニの描いたフジタ氏の肖像もあります。

1928年に制作され、その後所在が不明になっていて1992年に発見された
幻の大作も必見。
9月4日までやっていますので、是非北海道近代美術館へ足を運んで下さい。

そしていよいよ、待ちに待ったナオミ&ゴローさんのライブへ

ボサノバが好きな方もそうでない方も、ナオミさんの天使の歌声、聴くだけで
本当に癒されます。
来年も札幌に来てもらえる事を願って・・・

d0141436_1003059.jpg

昨年のライブでサインしてもらったアルバム「P.S.I Forgot」
d0141436_1084818.jpg

こちらは李刊誌「自休自足」に掲載された全国のカフェの中からゴローさんが
12のカフェをセレクトし、それぞれのカフェをイメージした12の楽曲を5組
のアーティストが演奏するコンピレーションアルバムです。
12の素敵なカフェ情報までゲットできるお得なCD

どちらもすごくいいです。

ライブでのシャイなゴローさんも必見、キュンときます。
[PR]

by bedpeace77 | 2008-08-19 10:23 | つれづれ
2008年 08月 15日

中央線のミラクル

先日3日間東京へ行ってきました。
真夏の東京は2〜3年ぶり。
ここはわたしの住む札幌と同じ日本なのだろうかと思う程の湿気と
かすかに吹く風が熱風。
広島から来た人は「東京の方がまだいいよ」と言うから恐ろしい。
そんな人にとっては北海道が異国なのかもしれません。

そんな中、わたしは暑い暑い吉祥寺に友人と買い物に出かけました。
向かった先は、以前このブログでもご紹介した文具屋「36(サブロー)」
そして、前々回の東京で売り切れの為断念したパン屋さん「ダンディゾン」
今回はダンディゾンリベンジです。
「パンの美術館」とも言うべきすてきなパン屋さん。
ちょっとわかりづらい場所にあるのですが、パン好きな方は是非行って
見て下さい。
d0141436_12434865.jpg

http://www.dans10ans.net

そして次に向かった先は千石にある「八百コーヒー」
d0141436_12471656.jpg

中川ワニさんの珈琲が飲めます。

そして、本題は八百コーヒーに向かう途中の中央線の車内での出来事。

友人が最近ずっと勉強していて・・・という話をしだしました。
ある資格を取得する為、1年半ほど前から1日3〜4時間、お休みの日は
9時間近くずっと机に向かってストイックに勉強しているというのです。
朝は6時か7時には起きて、新聞を1時間半ほどかけて読み、その後1時間
は勉強をしてから仕事に向かい、仕事から帰ってきてからも勉強をしている
のだそうです。
たとえ資格がとれたとしても、勉強する習慣がついているのでその習慣をく
ずさぬよう、また違う勉強をしようと思っているというお話でした。
「勉強」という言葉からほど遠い生活をしているわたしが「へえ〜すごいね〜」
と感心しきっていると・・・
目の前にある14インチほどの電光掲示板に
「一生勉強 一生青春 みつを」
こんな言葉が登場したのです。

驚いたわたしは、彼に「見て見て見て見て」と言うと・・・
「一生勉強やけど、一生青春はないな」との答え。
そう言うとその言葉はパッと消えてしまったのです。
嘘のような話ですが、本当の話。
わたしはよくこんな偶然に出くわす気がします。
中央線にはいつも相田みつをさんの言葉が電光掲示板に登場するのでしょうか。
あれは幻だったのか、いつものことなのかすごく気になります。

そして東京最終日。
向かった先は「東京ミッドタウン」
1年ぶりに行きました。
まずは、「THE COVER NIPPON」
日本を知るにはとっても面白いお店です。
風呂敷の包み方の本とてぬぐいを購入しました。
d0141436_136110.jpg

「包む」という日本の文化。すごくいい。この本で再認識しました。
考えてみれば、どろぼうだって風呂敷を使っていたんです。
持っていく時は軽くて、とっても便利だったのでしょう。

そしててぬぐい
d0141436_137845.jpg

ハンカチのように使ったり、手ふきタオルのように使ったり、何かを包んだり
いろんな使い方ができるてぬぐいですが、今まで購入したことがありませんで
した。
東京があまりに暑いんで、汗でも拭こうかなと思って購入したのですが、
そのまま札幌へ持ち帰り熱いほうじ茶を入れた急須の下に・・・
やっぱりいいですね、てぬぐいの良さも再認識しました。
そんな日本の良さに気付かせてくれるお店すてきです!
六本木へ行った方は是非お立ち寄り下さい。

そしてその後青山に向かうはずが・・・
足を止めてしまったのは、サントリー美術館で開催中の江戸のオートクチュール
「小袖」展です。
d0141436_13201852.jpg


小袖は女性達を美しく見せる為だけではなく、趣味や教養を表すものであった
そうです。よって、小袖の柄は花や草木、風景だけでなく、和歌や物語など
古典文芸を表現しているものも多く、江戸時代の日本文化をかいま見る事が
できました。
衣服としての役割が終わると、掛け軸にしたり、屏風の表装にしたり、最後まで
大切に使われたそうです。

すばらしい蒔絵も見る事ができますよ。

着物で行くと300円引いてくれるという粋なイベント。
是非着物を着て出かけて下さい。
[PR]

by bedpeace77 | 2008-08-15 13:43 | つれづれ
2008年 08月 13日

我が家のカレンダー

d0141436_1253144.jpg


なんでしょうね、このカレンダー。
あらためて見てみると、斜めに傾いているわ、DMはささっているわで、
第1週目なんて数字が見えていません。

これは先月の我が家のカレンダー

毎年おばが買ってくれるイノベーターのカレンダーですが、ここに書き
込む事は・・・
1、満月の日
2、イベント情報

この2点です。

全国から送られてくるイベントのDMなどをこのようにカレンダーに
はさみ、行けそうなものだけスケジュールを記入します。

そして月が変わる毎に一度きれいに整理して、またその月のイベントDM
をはさんでいきます。このくり返し。
今月ははさみ方をまっすぐにしてみたので、7月よりはとてもきれいです!

毎月送られてくる請求書や大切な人からのお手紙等々、みなさんはどのよ
うに収納しているのでしょうか。

今日一日持ち歩いてたバッグの置き場、鍋の蓋の収納方法、ゴミの分別
方法など、みなさんどんな工夫をして暮らしているのか気になります。

何か良いアイディアがあれば是非教えて下さい。
[PR]

by bedpeace77 | 2008-08-13 13:34 | つれづれ
2008年 08月 05日

84=箸の日

8月4日は箸の日だそうです。
先程、暦マニアからメールが届きました。

箸は日本の文化
「ちりとてちん」の影響か、エコブームの流れなのか、最近はみんな箸に
こだわっていますね。良い流れなのかもしれません。
箸と一言で言っても、今は本当に様々なお箸があります。

主な産地は福井県若狭。
津軽や輪島、他にも産地はありますが、日本のお箸の大多数が若狭塗と言っ
ても過言ではないでしょう。
箸の値段は、素材とどれだけ手間がかかっているかという製造工程で決まっ
てきます。

ただし使いやすいお箸というのは人それぞれ。
見た目の美しさだけでは選べません。
角箸を嫌う人もいれば、丸箸を嫌う人もいます。
太い箸を嫌う人もいれば、細い箸を嫌う人もいます。
箸先の細さにこだわる人もいれば、素材にこだわる人もいます。

適正な長さの基準というのは、親指と人指し指でアルファベットの「L」を
形作り、その指と指を結ぶ対角線を1とした時、その長さの1、5倍の長さ
だと言われています。
でも長いのに慣れている人は短く感じるだろうし、それもやっぱり人それぞれ。
箸選びの際は、自分の適正サイズと好みを把握しておく事は重要かもしれません。

ちなみにわたしは、正しいお箸の持ち方が出来ていません。
正しいのは↓
d0141436_28582.jpg

わたしの持ち方は↓
d0141436_282728.jpg


違いがわかるでしょうか。
薬指の位置が違うのです。
わたしの場合は、薬指で片方の箸を押さえながら持っています。
この箸の持ち方が正しくないと知ってから、何度か矯正しようとチャレンジし
たのですが、最終的には親戚のおばさんに「そんなに見た目上問題ないよ」と
言われたことに安心しきって、結局そのままです。

写真のお箸は、京都の老舗「市原平兵衛商店」の煤竹 みやこ箸。
ELLE DECOか何かの雑誌で「この箸を使ったら他の箸は使えない」というのを
見て8年程前に購入したものですが、本当に使いやすい。
わたしの場合、箸先が細いのが好きです。
お豆だってひと粒ひと粒つまめるくらいの細いもの。
煤竹は建材にも用いられる丈夫な竹で、細く削ってもその丈夫さは保たれるの
だそう。

それ以外にもいくつかお箸を持っていますが・・・
d0141436_220538.jpg


上から
★「halico」旭川の漆作家 堀内亜理子さんの箸
→触り心地は最高です
★京都 市原平兵衛商店 平安箸
→とにかく軽くて箸先が細い
★作家名は忘れてしまいましたが、京都恵文社で購入した黒檀の箸
→デザインがかわいい
★黒檀の八角箸
→わたしにはちょっと太い
★紫檀の八角箸
→黒檀に比べると軽くて八角という形は持ちやすい
★春慶塗の箸
→軽くてたまにはこんなのも良い

箸は箸置きとの組み合わせを考えるのもまた楽しいものです。
そして今ブームの携帯箸
わたしのはこちらです↓

d0141436_239888.jpg
d0141436_240024.jpg

たまに作るお弁当の時以外ほとんど持ち歩いていませんので、全くエコでは
ありません、ごめんなさい。

箸の事を知るならおすすめの本があります。
d0141436_2455973.jpg

行かれたことのある方も多いと思いますが、箸専門店 銀座夏野の店主 
高橋隆太さんの「究極のお箸」
箸の種類はもちろんのこと、それぞれの箸の特徴や、正しい箸の持ち方、箸使いの
マナーなども学ぶ事が出来ます。
そして何よりこの本とっても美しい。

お近くの方は是非お店へ直接行ってみて下さい。
青山にもお店があります。

わたしも箸の日を機に、正しい箸の持ち方再度チャレンジしてみようかな。
[PR]

by bedpeace77 | 2008-08-05 03:04 | モノ語り
2008年 08月 03日

「恋心」

先日姪っこが5才の誕生日を迎えました。
おば馬鹿なのですが、本当に本当にかわいい子供で、生まれてから5年間彼女の
成長を親のように見つめてきました。
できない事ができるようになる、少しずつでも成長しているのを実感した時本当
に嬉しいものです。

1才の頃
とにかく走りまわり、意味不明な言葉を連呼してました
「よーいどん」のかけ声と共によくおいかけっこしてました
2才の頃
少しずつ言葉を覚えたのですが、わたしの事を「まみ」と呼ぶようになりました。
わたしの名前全く「まみ」ではありません。一字もかぶってませんがなぜか・・・
3才の頃
わたしの事をちゃんと名前で呼べるようにもなって・・・
弟が生まれた時は「やっほー」と叫びながら誕生を喜んでいました。
4才の頃
幼稚園に通い始めたのですが、人見知りの彼女はちっとも嬉しそうじゃありません
でした
走りまわるのが大好きなのに、人前に出るのが苦手な性格が邪魔をして、はじめて
の運動会は腰を抜かすほどいやがっていました
そして5才
幼稚園にも慣れてきて、今では好きな男の子がいるというのです。

「りゅうせいくん好き」というので
「どこが好きなの?」 とわたしが聞くと・・・
「鉄砲つくるから」  だそうです。

理由は意味不明ですが、鉄砲を作る姿に恋をしたのでしょう。
りゅうせいくんの話をすると、ニヤニヤ照れ笑いする5才の女の子
本当にかわいい。

こんな事をブログに書くわたし、完全におば馬鹿です。
[PR]

by bedpeace77 | 2008-08-03 23:02 | つれづれ
2008年 08月 02日

生茶のすすめ

先日沖縄から届いたばかりのレモングラスを入手しました。
レモングラスとは、イネ科カヤ属の多年草。
インドでは薬用や香料として使われ、日本でも料理などに使われる事もある
ハーブです。

乾燥させてハーブティーとして飲んだり、冷え性の改善効果などからバスオイ
ルなどにも使われたりもします。

今回は生のレモングラスだったので、新鮮なまますぐに鍋で煮出して、レモン
グラスティーを作りました。

d0141436_14472079.jpg

まずは2〜3cm程度の長さに切り揃えて

d0141436_14473539.jpg

全部切ったら、片手でひとつかみ程度の量を鍋に入れて水から煮出します。
(量はかなり適当。味をみながら入れる量を増やしたりしました)
残ったレモングラスは冷凍して、また次も新鮮なまま飲めるように・・・

d0141436_14474563.jpg

ホットでも

d0141436_1447583.jpg

アイスでも

はちみつを入れても

すっっごくおいしい!
おすすめです!
[PR]

by bedpeace77 | 2008-08-02 14:52 | つれづれ
2008年 08月 01日

夏だから・・・第二段

札幌は本日花火大会。バンバン言ってます。

夏だから・・・第二段はすいか割りをする予定でしたが、次回に延期。
かわりに先日バーベキューをしました。
バーベキューというのでしょうか、炭で串に刺した鳥肉や豚肉、野菜
を焼いて食べただけです。が・・・

その日のメンバー、人生の中で一度も炭をおこしたことのない女二人と、
人生の中で一度も炭をおこしたことのないであろう男一人です。
果たして炭焼きなどできるか正直ちょっと不安でした。

串に刺す準備は楽しくて・・・
d0141436_2042422.jpg
d0141436_20425494.jpg


簡単に炭焼きが出来るセットを購入したのですが・・・
d0141436_20443085.jpg

やっぱりちょっと不安・・・

d0141436_20445697.jpg

なんとかなるものです

d0141436_20452445.jpg

調子にのって焼きおにぎりとししゃもで顔を作ってみたり・・・

d0141436_20455916.jpg

残りの炭で花火なんぞしちゃったりもして・・・

小さな夏を満喫しました。
こうして短く儚い北海道の夏は去っていくのでしょうか。
ちょっと寂しいです。
[PR]

by bedpeace77 | 2008-08-01 20:51 | つれづれ