<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2008年 04月 10日

NIPPON VISION

先日札幌のD&DEPARTMENTで開催された「NIPPON VISION」という
イベント。
D&DEPARTMENTは東京、大阪、札幌に店鋪を構えるインテリア雑貨、
キッチン雑貨、そして文具や家具なども取り扱うお店です。

ある方からこのイベントの情報を頂き、気になっていたので早速行ってみ
ることに。

ショップに置かれた冊子には・・・
「どう作り手と ものを伝え続けていくか その販売方法をデザインする」

そのイベントは、デザイナーでもありD&DEPARTMENTの代表でもある
ナガオカケンメイさんとプロジェクトチームが出した1つの方法であり、
提案でもありました。
40cm角のガラス板がきれいに並べられ、日本全国都道府県の伝統的工
芸品や、地場の産物が北海道から沖縄まで都道府県ごとに並べられていま
した。

伝統的工芸の継承問題からはじまり、問屋の崩壊、企画問屋の意識の低い
模造品合戦等々、ものづくりの現場が抱えるあらゆる問題。
確かに、モノがあふれて、情報が錯綜し、何が真実かわかりにくい世の中。
それを見極める目。
「作り手、売り手、使い手」この3者のどこをどう変えるか。
「売り手」次第で「使い手」が変わってくる。

冊子には、「売り手が作り手の創作スタイルを尊重し、継続していく経済的
環境を確保する。定期的な交流を持ち、需要をしっかりと伝え、一緒に工夫
していく。
そして一方で使い手には衝動買いなどはお勧めせず、じっくりと長く、ひと
つひとつのいいものに触れてもらう提案をし続ける」
そう書かれていました。

デザインとは都会にあるミーハーなものではなく、意識を持てばどんな場所
にでもしっかり育つ。問題はそれをしっかり根付かせる方法のデザインその
ものがないということ。

そうかもしれません。
日本の伝統と技術から生まれたすばらしいモノが日本にはたくさんあるとい
うのに、それを使い手にしっかりと伝えていく売り手とその方法がない。
深く考えてしまうこの冊子。

それはこちらです↓
d0141436_22562142.jpg

表紙は曲げ輪と亀の子たわし。
わたしは、滋賀県の竹ものさしと青森県のこぎん刺し針山を購入してきました。

d0141436_23331317.jpg

d0141436_23335265.jpg


我が北海道代表は・・・
旭川 高橋工芸のKAMI GLASS
紙で出来ているのではありません。センの木で出来た紙のように薄いコップ
だからKAMI GLASSと名付けられたそうです。
そして
三浦木地のペーパーウェイトとペン立て
佐々木工芸のパントレイ
アイヌ文様のコースターとテーブルセンターでした。

秋田県代表・・・柴田慶信さんの曲げ輪
岩手県代表・・・南部鉄と浄法寺汁椀

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このように色々続きまして

福井県代表・・・若狭の箸とおいしいキッチンプロジェクトの包丁
東京都代表・・・亀の子たわしと木村硝子そしててぬぐいでした
愛知県代表・・・常滑の急須
岐阜県代表・・・丸直製陶の碗や小皿、すり鉢
奈良県代表・・・蚊帳ふきん
岡山県代表・・・マスキングテープ(わたしがラッピングでよく使うのも
        ここのです!)
香川県代表・・・讃岐かがりの手まりストラップ
熊本県代表・・・栗川商店の来民うちわ(昨年旅先で購入し、大事に北海道
        まで持ち帰ってきたうちわがここのうちわです!)


こんな感じでかなりとばしましたが、北は北海道、南は沖縄まで全国の
すばらしいモノが揃う機会はめったにないので、札幌で開催してもらえて
良かったです!
わたしだったら、○○県代表はこれだな〜と勝手に思ってみたり・・・
旅先で出逢ったモノに再会出来たり・・・
いろんな楽しみ方をさせて頂いたイベントでした。

わたしも会期の最後に行ったので、会期中にご紹介できずすみません。

オリンピックに全く興味のないわたし。
選手の新聞記事など切り抜いて保管しておくほど、オリンピック大好きの
母親に「あんたは非国民」と言われた事もありますが、
わたし、ちゃんとこんな形でニッポンを応援してるんです!
頑張れNIPPON!!
[PR]

by bedpeace77 | 2008-04-10 23:41 | つれづれ
2008年 04月 08日

テレビ生活

わたしのおうちのテレビは、パナソニック32インチの液晶テレビです。
おばから昨年の秋、格安で譲って頂いたものです。

それまでは買ってからもう15年もたつ16インチの小さな小さなテレビ
がありました。
遊びに来た友達がテレビの存在に気付かないくらいの小さなものです。
しかし、そのテレビでさえ数年前までアンテナを接続しておらず、もう
何年もテレビというものから遠ざかった生活をしておりました。
よって、芸能ネタ、話題のニュース、政治、経済からほど遠いところに
おりまして、友達との会話についていけないこともしばしば。
コンセントを入れると、かろうじてフジテレビがザーザー言いながらも
映っていたので朝の「とくダネ」がわたしの情報源でした。

そんなわたしも数年前に突然テレビが見たくなりまして、壁に貼ってあった
ジェイコムのフリーダイヤルに電話をし、「あの〜、テレビを接続して頂
きたいのですが・・・」とお願いすると・・・
「いつお引越しされたのですか?」と聞かれ
「引越してからは結構経つのですが・・・」とわたし。

今までどうやって生きていたのですか?と言わんばかりの気まずい空気が
流れましたが、なんとかお兄さんに来て頂いて接続をしてもらい、無事にわ
たしのテレビ生活が始まりました。

今までは音楽をかけているか、無音。
もしかしたらいまもテレビより音楽を聴いている時間の方が長いかもしれま
せん。
でもただなんとなくテレビをつけている時に見入ってしまう番組があります。

先日は

d0141436_21385937.jpg
d0141436_21404946.jpg

浅草で夫婦二人三脚でこだわりのとんかつ屋を営んできた御主人をクローズ
アップしていました。
何度作っても自分の作ったとんかつをゴミ箱へ捨てられてしまう厳しい修行
時代から現在に至るまでの30分にわたる感動ドキュメンタリー。。。
d0141436_21493226.jpg

d0141436_2152417.jpg


かと思いきや・・・
d0141436_21553630.jpg


このあたりから何だか怪しい!
d0141436_2156475.jpg

もうおわかりですね
d0141436_2156427.jpg


「青汁」です。

わたしは何度かこの番組を偶然見ています。
最初の数回は青汁が登場するまで全く気付かず、感動で涙がこぼれそうに
なった瞬間「青汁」が登場し、最後は青汁の注文を受けるフリーダイヤル
の番号が出てきます。
もちろん健康第一、青汁大事!
実際わたしも以前は毎日青汁を牛乳に混ぜて飲んでいましたが、この番組を
見るたびに最後は「やられた〜」という気持ちになるのでした。

が、しかし

今回はそうはいきませんでした。
番組の半分くらいで「これはもしや青汁では・・・」と気付き、いつ青汁が
出てくるか待ち構えていたのです!

「やっぱり」と勝ち誇った優越感にひたり、自分の成長を実感しながら無事
会社に向かって家を出る事ができました!
[PR]

by bedpeace77 | 2008-04-08 22:14 | つれづれ
2008年 04月 02日

春と言えば・・・

春と言えば何を思い浮かべますか?
わたしは「桜」です。

先日メキシコにいる親友から届いたメールの最後に「つくしやふきのとうに
よろしく」とありました。メキシコにはつくしもふきのとうもないのでしょう。
彼にとって日本の春は「つくしとふきのとう」のようです。
そうか・・・と思い、わたしは何だろう。と思わず考えてしまいました。

北海道は昨日雪が降った地域があったらしく、桜の季節まではもうちょっと。
札幌はすっかり春らしくなり、暖かな陽射しがふりそそぐだけでわくわくして
しまいます。
北海道の桜は毎年ゴールデンウィークの頃に満開を迎えます。
今年はどうでしょう。

5月まで待切れないわたしは毎年お部屋の中でひと足早く桜を楽しみます。

満開時の写真を撮るタイミングを失い、葉桜になってしまいましたが
d0141436_1393686.jpg


昨年は・・・
d0141436_13102572.jpg


そして源吉兆庵の桜餅
d0141436_13114315.jpg


ちなみに器は
桜餅の器→秀衡塗の小吸椀の蓋
湯呑→小山乃文彦さん

日本の四季は本当に美しいですよね。
寒くて厳しい冬があるからこそ春がこんなに待ち遠しい。
暑苦しいギラギラした夏があるからこそ、秋の枯れ葉があんなにもの寂しく
感じるのだと思います。
四季のある日本に生まれて良かった。
そう強く感じます。
[PR]

by bedpeace77 | 2008-04-02 13:28 | つれづれ