「モノ」暮らし日記

monogurasi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:器+料理( 20 )


2010年 06月 26日

蓮根弁当

今日の弁当です。
d0141436_23462788.jpg

蓮根ってどうしてこんなにかわいいのだろう。

おかげさまで曲げわっぱ人口がまわりに増えてきたように思います。
嬉しいかぎりです。
[PR]

by bedpeace77 | 2010-06-26 00:00 | 器+料理
2010年 03月 09日

今日のカレーと昨日のパン

久しぶりのカレー。
「野菜や肉は大胆に!」
ごぼうは長さ12㎝くらい
ジャガイモは一つを半分に
茄子はまるごと焼いて皮をむいて添える
人参は厚切りひょうたんにして蒸して添える
鶏肉は皮をフライパンでぱりっと焼いて添える
キャベツの塩揉みはご飯の横に

大胆なカットのため誰が主役かわからないカレーです。
d0141436_19452438.jpg


パン屋でパンを作っている方からパンを頂いた、パンパンパン
上質なオリーブオイルをつけて食べるだけでおいしい!

d0141436_23254394.jpg


濃厚なオリーブオイル「ラウデミオ」
火を通すなんてもったいない。
そのままパンに、サラダに!
http://www.ciao-castadiva.com/tenutabossi/
[PR]

by bedpeace77 | 2010-03-09 23:32 | 器+料理
2010年 02月 15日

昨日の弁当、今日の弁当

d0141436_2371065.jpg

昨日の牛丼弁当に


d0141436_2382730.jpg

今日のチャーハン弁当

ご飯に味付けしてしまえば、おかずをそんなに作らなくてもいいという事に最近気がついた。
[PR]

by bedpeace77 | 2010-02-15 23:10 | 器+料理
2010年 02月 14日

今日の弁当

d0141436_0205062.jpg

d0141436_021123.jpg

今日のご飯は二段
一段目と二段目の間にものりを敷き詰め、二段目には卵と肉とごぼうと人参を味付けして混ぜご飯に。
[PR]

by bedpeace77 | 2010-02-14 00:27 | 器+料理
2009年 08月 28日

カレー万歳!

先日、激うまカレーを作った!
d0141436_1111883.jpg

カレーはどこ?
d0141436_11121422.jpg

ここに隠れております!
激うまの理由は、腕ではありません。カレー・ルー。一袋たしか350円
d0141436_11163355.jpg

金沢 Iさんが以前送ってくれた横浜のコスモ食品のカレールー。
おいしくてそれからこのカレールーに切り替え。
デパートなどでも販売していると思いますので是非お試し下さい。

玉ねぎ、人参はみじん切りにしてじっくり炒め、付け合わせの野菜、かぼちゃ、なす、じゃがいも、人参は素揚げしたのですが、見た目にも味もほんとに美味しかった!
北海道の秋の味覚を満喫できること間違いなし!
[PR]

by bedpeace77 | 2009-08-28 11:35 | 器+料理
2009年 07月 21日

器談義

先日とあるご夫婦Mさんのお宅にご招待され、幸せな時間を過ごしてきました。
歳は、わたしの親以上のご夫婦なのだが、とてもとても素敵なご夫婦。
趣味も渋好みなところもわたしとぴったり。何度かお話しただけで意気投合。
以前から「遊びにいらして!」とおっしゃって頂いていはいたものの、なかなか行けずにいたのですが今回はタイミングが合って遊びにいくことに・・・

だんな様も奥様も器や工芸が大好きで、全国焼物の産地を旅したり、ギャラリーをまわったり、自分でいろんなモノを作ったり、アレンジしたり。

そんなこだわりのご夫婦への手みやげにわたしが選んだのは・・・
その日岩手から届いたばかりの「まごどさ」→菜種油です。
「サラダにかけて塩をふるだけですっっごくオイシイ」と聞きつけて取り寄せてみた。
「まごどさ」とは、まごたちへ、という意味。
まごたちへ残していきたいという意味だそうで。
岩手南部の山間地で、希少な国産菜種を使用し、製造方法に徹底的にこだわり抜かれて作られる菜種油。
50年以上前に生産された機械を使用し、当時のままの製法でなたね油を製造しています。
効率優先の世の中で、丁寧なモノ作りをし、丁寧な仕事をし、丁寧な暮らしをする方々や、そんな人たちが作り出すモノに惹かれます。

そんな菜種油はこちら↓
d0141436_10111458.jpg

サラダにも、冷や奴にも、揚げ物にも、炒め物にも、何でもおいしい!

まごどさを持ってお邪魔すると・・・まずは三時のおやつ。
d0141436_10154550.jpg

札幌の作家、菊池絹枝さんのカップでアイスコーヒー
そして一輪挿しにお手製ガムシロップが。
d0141436_10263663.jpg


最近は新聞紙を再利用してバッグ作りをしているそうです。
これに、野菜をお裾分けしたり、ちょっと誰かに贈り物したりする時に使うように作っているらしい。
d0141436_10282380.jpg


わたしの好きな旭川の陶芸家、工藤和彦さんの器がここにも!
d0141436_10301222.jpg

代表的な作風は、黄粉引。私が持っているのは片口と皿ですが、Mさんは丼。
大きさも形も本当に使いやすそう!
夕飯は、工藤さんの器を使ってのおもてなし。
d0141436_10332493.jpg

d0141436_1036587.jpg

どれも一品一品丁寧に作られている夕飯と、楽しい時間。
3時半にお伺いし、夕飯準備の頃にはおいとましようと思っていたのですが・・・
最初の2時間ははんこで遊び、その後は器談義に盛り上がり・・・
あまりに楽しすぎて結局8時間以上もお邪魔してしまった(反省)

Mさん、これに懲りずにまた是非遊びにいかせて下さい!
次回は9時までには・・・
[PR]

by bedpeace77 | 2009-07-21 10:51 | 器+料理
2009年 05月 28日

ドッキリパパイヤ!

先日あまりに衝撃を受けたモノがある。
それは「パパイヤ」
いままでパパイヤと言えば、甘くておいしい果物というイメージ。
黄色くて、やわらかくて、種を取って食べる果物。
それが・・・

昨年同様今年も沖縄から届いたばかりの新鮮なレモングラスを買いにいくと・・・
ついでにパパイヤは?  ということで一緒に買って帰り食べてみる事にした。
d0141436_23394033.jpg

写真の緑の丸い物体がそれなのですが、中を開けてびっくり!!
衝撃画像、覚悟して見て下さい!
d0141436_23411642.jpg

半分に切った直後、手が止まり直視出来なくなってしまった。
買う前にもきっとびっくりするよと言われてはいたのですが、まさかここまでとは・・・
どうやら、今まで食べていた黄色い果物は、これが更に熟したモノらしい。
沖縄では未完熟で青いパパイアの皮をむき、果肉を千切りにして水にさらして、
炒め物に使われるという。
しかも千切りのことを「しりしり」というらしいので、早速しりしりして炒め物に。
そしてチャーハンに!
d0141436_23455828.jpg

でもどれがパパイヤかわからない程しりしりに!
味は全くくせもなく豚肉などと一緒に炒めてもとってもおいしかったです。

そして、今年も楽しみにしていた生レモングラス!
早速切って切って切って・・・
d0141436_23485968.jpg

それを鍋で煮出して・・・
d0141436_23512164.jpg

3センチ程度に切ったレモングラスを新鮮なまま冷凍庫へ。
使う時だけ使う分だけ鍋に入れて煮出すと、本当に本当においしいレモングラスティー。
乾燥レモングラスとどれだけ違うのか気になった為、乾燥レモングラスをちょっとだけ
分けてもらい実験。
全く味が違います!!
写真で見てもわからないと思うので載せませんが、やっぱり新鮮が一番!
今年もまたレモングラスの香りと味を楽しむ時期がやってきたんだなぁと、また一年の
早さを痛感するのでした。
[PR]

by bedpeace77 | 2009-05-28 23:57 | 器+料理
2009年 04月 07日

ほうれん草の簡単キッシュ

先日知人から教えて頂いたキッシュを作ってみました。
あまりに簡単で、おいしくて、お友達が集まる時にも役立ちそうなレシピ
だったのでご紹介!

【材料】
ほうれん草・・・250g
ベーコン・・・100g
バター・・・大さじ1
A・・・卵3個、生クリーム1カップ、ピザ用チーズ100g、塩こしょう少々

【作り方】
さっとゆでたほうれん草を3㎝ほどの長さに切り、粗みじん切りにした
ベーコンと共にバターで軽く炒める。
ボールにAを混ぜ合わせ、ほうれん草を加える。
バター(分量外)を塗った耐熱容器に流し入れ180℃のオーブンで30分
焼いて出来上がり!
d0141436_13363863.jpg

d0141436_13364812.jpg

ポイントは、塩加減。
ベーコンとチーズの塩分を計算して軽く塩こしょうして下さい。
この生地をパイシートに流し込めばキッシュパイ。
良いベーコンと生クリームを使えば絶対においしいです。

ちなみにこの器。フランス製 Asdonde(アドンデ)というメーカーのもの。
d0141436_1342870.jpg

かなり万能です。
写真のは、直径約19㎝。
ちなみにもっと小さいのは、こんな感じ。
d0141436_1345610.jpg

たこ焼きの具を入れていますが、サラダボールにしても、一人用のグラタン皿にも。

一見なんの変哲もないこの器の良いところ。
1、スタッキングができ、収納に便利。
2、重ねて、盛りつけた料理を一度にテーブルへ運べる。
3、色んな料理のイメージがわいてくる、いく通りもの使い道。
 →皿が蓋代わりにもなり、残った物をそのまま蓋して冷蔵庫へ!
 →重箱のように使っても良し
 →器におそば、上の蓋に天ぷらなどを盛りつけても良し。
4、オーブンにも使える。
5、何にでも合わせやすいいたってシンプルなデザイン。

重ねるとこんな感じです。
d0141436_140559.jpg

冷蔵庫に保存する梅干しや佃煮を入れても良いかもしれません。
[PR]

by bedpeace77 | 2009-04-07 14:08 | 器+料理
2009年 01月 17日

ひょうたん祭り


最近ひょうたん型の抜き型を購入しました。大きさ違いの三個組。
それからというものいろんなモノをひょうたんにくり抜きたくなってしまう
衝動にかられておりまして・・・
例えば
d0141436_2251281.jpg

ハンバーグに添える人参や蒸し野菜の人参もひょうたん
d0141436_2364942.jpg

おばの家での夕食に出されたきゅうりだって、もちろん勝手に人数分すべて
ひょうたんにくり抜きました。
d0141436_2374452.jpg

クッキーだって・・・
焼く前はこんな色
d0141436_2391726.jpg

焼き上がったひょうたんはこんな色 こんがりひょうたんです。
d0141436_2393549.jpg


このクッキー、お味はチーズ
d0141436_23115972.jpg

器もひょうたんにするとちょっと気持ち悪い
d0141436_23122116.jpg

そんなあらゆるひょうたんを作り出す抜き型はこちら
d0141436_23201717.jpg

ちらりと見える箸置きも・・・
d0141436_2319365.jpg


皆様の身近なものが突然ひょうたん型になっていたら、
わたしのいたずらだと思って下さい。

ちなみにこのクッキー、ものすごく簡単なので是非お試し下さい。
レシピはこちら↓(COOKPADのレシピです)
http://cookpad.com/recipe/388916

[PR]

by bedpeace77 | 2009-01-17 23:34 | 器+料理
2008年 10月 22日

「機能美」


先日、札幌ヨーガンレールで開催された「李英才(リーヨンツェ)の工房展」
d0141436_10385226.jpg


李さんは韓国からドイツへ釉薬の勉強をするために留学し、その後ドイツ国内で
数々の賞を受賞。
その才能が認められ、その後はエッセンにあるバウハウスの流れをくむ工房、
マルガレーテンヘーエのディレクターとして活躍され、現在は工房のオーナーでも
あり、デザインディレクター&作家として制作に携わっています。

今回の個展は北海道の会場(札幌・帯広)のみで開催された贅沢なイベント。
わたしはお会いできませんでしたが、李さんも来場されていたようです。

わたしの中で李さんの器はまさに「機能美」という言葉がぴったり。

使いやすい大きさ、使いやすいカタチ、使う人や盛りつけるモノの事を考えて作り
出される器。
見ていても美しいのですが、でもやはり使うとその良さを更に実感できるのです。

以前から愛用している我が家の塩壷。
深い緑色の釉薬が暖かみを感じさせるその壷には、最初は梅干しを入れて使って
いましたが、その後は塩を入れて使う事に。
そして同じカタチの青い釉薬がかかった壷とマットな青い釉薬のピッチャーが
仲間入り。
台所では塩壷が二つ美しく並んでいます。

d0141436_10473748.jpg
d0141436_104964.jpg


ピッチャーはこちら↓

d0141436_104950100.jpg
d0141436_10501643.jpg


ピッチャーは、お茶をいれる時の湯冷ましに使ったり、ミルクティーを楽しむ時の
ミルクピッチャーに使ったり・・・
お客様がたくさん来たときの、ドレッシングや麺つゆなどを入れても良いかもしれ
ません。
花を生けても素敵かもしれません。

器は、どんな使い方をしようかあれこれ考えるのが楽しい。
そんな李さんの器は、人の暮らしに根づく器と言えるのだと思います。
[PR]

by bedpeace77 | 2008-10-22 11:03 | 器+料理