カテゴリ:モノ語り( 9 )


2009年 09月 03日

七子の魅力

「モノ暮らし日記」というタイトルなのに、ちっともモノの話をしないではないか。
と思われても仕方ない。
気づけばくだらない話を記事にしてしまい・・・

今日は箸の話です。
去年8月4日に箸の話をちらっと書いたのですが、日本の箸のほとんどが福井県若狭塗の箸です。
それは、箸を量産出来る体制が整っている箸の産地だからですが、それ以外にも塗物の産地と呼ばれる地域は日本全国にあり、素敵な箸を作っているところはたくさんあります。

津軽塗というのは、その名のとおり青森県弘前を中心とした津軽地方で作られる漆器のこと。
津軽塗と言えば、「唐塗」を連想する人も多いと思いますが、私は「七子」が好きです。
七子の箸が美しい。
うっとりする伝統工芸品の一つ。
七子というのは津軽塗の技法のことですが・・・

まず箸の木地の上に種漆を塗る。
そして菜種を蒔く。
写真はこちら↓
d0141436_23355679.jpg

菜種が付いた状態でしばらく放置し、そして菜種をはぎ取る。
そして和状に出来た突起を研いでいきます。
そして乾かして、漆を塗って研いで乾かしての繰り返し・・・・・・

製造に手間も時間もかかる。完成品はこちら↓
d0141436_2348552.jpg

よく見かけるのは、赤と黒。
でも緑がかっこいいです!
d0141436_23493924.jpg


何度も塗りを繰り返すため、津軽の箸は丈夫だとも言われています。
七子の魅力は、この手間から作り出される文様が実にシンプルなことだとわたしは思います。
この水玉模様に敬意をはらいたい!
[PR]

by bedpeace77 | 2009-09-03 00:04 | モノ語り
2009年 03月 27日

Shock!! SOCKS'09!!

いまや世界的なソックスブランド「ANTIPAST」
http://www.antipast.co.jp/
わたしもいままでいくつか購入したり、頂いたり・・・
そんなアンティパストのイベント「Shock SOCKS'09」が29日まで札幌 
NUNO ANNEXで開催中。
(4年に一度だそうです)
住所はこちら↓
http://www.nuno.com/Japanese/Access/index.html
d0141436_2255474.jpg

いろんなお店でアンティパストは見かけますが、こんなにたくさんのアンティパスト
を見たのは初めて!
百?数百?、いや、どれだけあったかわかりませんが、わたしとおばさん、選ぶのに
2時間かかりました。
今まで購入したモノも、今回購入したモノも・・・
足ばかりで気持ち悪いかもしれませんが、靴下は本当にかわいいです。
d0141436_22594757.jpg
d0141436_231211.jpg
d0141436_230615.jpg
d0141436_2302828.jpg
d0141436_231964.jpg
d0141436_2315450.jpg
d0141436_2334573.jpg


わたしは地味なものを選びがちですが、もっともっとキュートなモノからメンズモノまで。
実に女心をくすぐる靴下です。まさにShockを受けるSOCKS。
是非ご覧あれ!
[PR]

by bedpeace77 | 2009-03-27 23:09 | モノ語り
2008年 08月 05日

84=箸の日

8月4日は箸の日だそうです。
先程、暦マニアからメールが届きました。

箸は日本の文化
「ちりとてちん」の影響か、エコブームの流れなのか、最近はみんな箸に
こだわっていますね。良い流れなのかもしれません。
箸と一言で言っても、今は本当に様々なお箸があります。

主な産地は福井県若狭。
津軽や輪島、他にも産地はありますが、日本のお箸の大多数が若狭塗と言っ
ても過言ではないでしょう。
箸の値段は、素材とどれだけ手間がかかっているかという製造工程で決まっ
てきます。

ただし使いやすいお箸というのは人それぞれ。
見た目の美しさだけでは選べません。
角箸を嫌う人もいれば、丸箸を嫌う人もいます。
太い箸を嫌う人もいれば、細い箸を嫌う人もいます。
箸先の細さにこだわる人もいれば、素材にこだわる人もいます。

適正な長さの基準というのは、親指と人指し指でアルファベットの「L」を
形作り、その指と指を結ぶ対角線を1とした時、その長さの1、5倍の長さ
だと言われています。
でも長いのに慣れている人は短く感じるだろうし、それもやっぱり人それぞれ。
箸選びの際は、自分の適正サイズと好みを把握しておく事は重要かもしれません。

ちなみにわたしは、正しいお箸の持ち方が出来ていません。
正しいのは↓
d0141436_28582.jpg

わたしの持ち方は↓
d0141436_282728.jpg


違いがわかるでしょうか。
薬指の位置が違うのです。
わたしの場合は、薬指で片方の箸を押さえながら持っています。
この箸の持ち方が正しくないと知ってから、何度か矯正しようとチャレンジし
たのですが、最終的には親戚のおばさんに「そんなに見た目上問題ないよ」と
言われたことに安心しきって、結局そのままです。

写真のお箸は、京都の老舗「市原平兵衛商店」の煤竹 みやこ箸。
ELLE DECOか何かの雑誌で「この箸を使ったら他の箸は使えない」というのを
見て8年程前に購入したものですが、本当に使いやすい。
わたしの場合、箸先が細いのが好きです。
お豆だってひと粒ひと粒つまめるくらいの細いもの。
煤竹は建材にも用いられる丈夫な竹で、細く削ってもその丈夫さは保たれるの
だそう。

それ以外にもいくつかお箸を持っていますが・・・
d0141436_220538.jpg


上から
★「halico」旭川の漆作家 堀内亜理子さんの箸
→触り心地は最高です
★京都 市原平兵衛商店 平安箸
→とにかく軽くて箸先が細い
★作家名は忘れてしまいましたが、京都恵文社で購入した黒檀の箸
→デザインがかわいい
★黒檀の八角箸
→わたしにはちょっと太い
★紫檀の八角箸
→黒檀に比べると軽くて八角という形は持ちやすい
★春慶塗の箸
→軽くてたまにはこんなのも良い

箸は箸置きとの組み合わせを考えるのもまた楽しいものです。
そして今ブームの携帯箸
わたしのはこちらです↓

d0141436_239888.jpg
d0141436_240024.jpg

たまに作るお弁当の時以外ほとんど持ち歩いていませんので、全くエコでは
ありません、ごめんなさい。

箸の事を知るならおすすめの本があります。
d0141436_2455973.jpg

行かれたことのある方も多いと思いますが、箸専門店 銀座夏野の店主 
高橋隆太さんの「究極のお箸」
箸の種類はもちろんのこと、それぞれの箸の特徴や、正しい箸の持ち方、箸使いの
マナーなども学ぶ事が出来ます。
そして何よりこの本とっても美しい。

お近くの方は是非お店へ直接行ってみて下さい。
青山にもお店があります。

わたしも箸の日を機に、正しい箸の持ち方再度チャレンジしてみようかな。
[PR]

by bedpeace77 | 2008-08-05 03:04 | モノ語り
2008年 07月 18日

夏の風物詩

以前このブログでも「キャンドルナイト」の記事で、月の土地を購入した
という話をご紹介したのですが、その会社(ルナエンバシー社)から毎回満月
のお知らせがメールで届きます。

先日送られてきたメールの一部 以下のとおり↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7月の満月は18日です。

そろそろ風鈴の音が聞こえてもいいのではないでしょうか。
風鈴を吊るしましょう。

夏の情緒たっぷりに、チリンチリンという音を聴きながら
月を眺めるのはいかがですか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そう今日が満月です。
「夏の情緒たっぷりに風鈴の音を聞きながら月を眺める」

わたしは数年前から年中吊るしている風鈴があります。

富山県高岡の伝統産業 鋳物技術を活かして作られた「能作」の風鈴。

能作さんは、茶道具や花器、インテリア商品などを通して、伝統工芸品である
高岡銅器の魅力を今に伝え続けている大正5年創業の歴史ある会社。
近年では小泉誠さんをはじめとするプロダクトデザイナーさんにデザインを
依頼し、風鈴や器など様々など伝統を活かしながら今のスタイルに合った
ライフスタイルの提案をされています。

我が家の風鈴はこちら↓
「おうち」というデザインの風鈴です。
d0141436_19553612.jpg
d0141436_19554840.jpg
d0141436_1956255.jpg


真鍮で出来ており、このブログではご紹介できないのですが、なんと言っても
能作さんの風鈴は音もいい。
デザインと音、視覚でも聴覚でも、夏でも冬でも充分に楽しめる風鈴です。
詳しくはこちら↓
http://www.nousaku.co.jp/syouhin/index.html

風鈴の音を聞きながら月を眺めてみませんか?
[PR]

by bedpeace77 | 2008-07-18 20:04 | モノ語り
2008年 06月 24日

懐かしい記憶

先日、見知らぬ子供に「爪が伸びてますよ」と注意されました。
歳は4〜5歳の女の子です。
近くにいたお母さんがそう言うしかなかったかのように慌てて
「お姉さんの爪はきれいだからいいのよ」と言いましたが、
わたしは素直に「はい、切ります」と約束。

特に伸ばそうとしているわけではなく、伸びてしまっていただけ
早速帰ってから爪を切りました。

d0141436_21361723.jpg

d0141436_21362854.jpg


以前4歳の姪っ子にも「爪が伸びてますよ」と注意された事もあり、
その時は切るまでしつこく「切って下さい」と言われ、切っても
「もうちょっと切って下さい」と言われ・・・
最近の子供は爪にうるさいな〜などと思っていたのですが、
思い返すとわたしも小さい頃、母によく爪を切りなさいと怒られた
記憶があります。
「今年の目標 爪を切る」と紙に書かされ、台所のドアに貼られた
記憶まであるのです。

爪に絵を描いたり、ストーンをつけたり、爪を伸ばして色んな飾り
つけをするネイルアートはおしゃれの一貫だと言われるこの頃、
「爪を切りなさい」と子供に叱られたのはとっても新鮮でした。
人に注意することができない人間が多い中、大胆にも叱って下さり
ありがとう。

そんなわたしの爪切り道具。
SUWADAの爪切りです。

d0141436_2136448.jpg


SUWADAは、金属の町、新潟県三条市で作られる歴史ある爪切りです。
爪切り本来の「切る」機能を研ぎ澄ますために、素材と熟練した職人の手
仕上げに徹底的にこだわり、デザインもいい。
そしてなんと言ってもとっても使いやすいです。
詳しくはコチラ↓
http://www.suwada.co.jp/aboutus/top.html

これを見た方は今すぐ爪をチェックです!
[PR]

by bedpeace77 | 2008-06-24 22:12 | モノ語り
2008年 06月 19日

急須VS急須

急須と言えば、常滑焼をイメージする人が多いでしょう。
愛知県常滑は急須の産地、たくさんの急須作家さんがいます。

常滑焼と一言でいっても、茶漉しが金属のものや、陶器のもの、
形も帯網になっているものや、口の部分にだけついているもの、
また茶漉しを急須の中に入れて使い、取り外し出来るもの等々
いろんなタイプの急須があります。

また、ろくろで作られたもあれば、型で作られたものもあります。

ある人は「銅の急須でいれるお茶はおいしい」と言い、ある人
は「鉄の急須でいれるお茶はおいしい」と言う。
またある人は「いやいや急須はやっぱり常滑焼でしょう」と言う。
いろんな急須があり、おいしいの判断基準は自分です。
自分の好きな急須を見つければ良いのだと思います。

わたしの急須は、依然実家から持ってきたおそらく常滑焼の急須。
茶漉しは中に金属のものがついているタイプ。
それがこちらです↓

d0141436_9415480.jpg

d0141436_6133459.jpg


そして我が家に新たにやってきた常滑焼の急須。
こちらは急須作家 吉川雪堂さんが一つ一つ心を込めて作っている
手造り急須です。
常滑で有名な「朱泥」と呼ばれる土を使い、もみがらの中に入れて
焼くと黒くなるそうです。
茶漉しは陶器で、茶漉しまで一つ一つ手で穴を開けており、その数
およそ850〜900個。
吉川さんはそれを一つ一つ数えながら穴を開け、「次は一つでも多
くの穴を開けてやろう」そんな気持ちで作っているのだそうです。
そんな急須はこちら↓
d0141436_9454047.jpg

d0141436_6122635.jpg

自分がおいしいと感じるお茶はどちらだろうと飲み比べをしてみま
した。
といっても、自分でお茶をいれれば作家さんの急須がおいしく感じ
てしまうのは当然。
ということで、ご近所さんをお招きして「利き茶会」をしてみました。
d0141436_15261887.jpg

どちらの急須でいれたお茶かわからないようにしてみましたが、
二人ともおいしいと感じたのは吉川さんの急須。
金属に触れていないその味は、とてもまろやかで、後味も良かった
ような気がします。
わたしはお茶の専門家ではありませんので、もちろんあくまでわたし
がそう感じたということですが、やっぱり「金ッ気」というのはお茶
に混ざってしまうのだと思います。

日本の技術はすごい。
この急須を見ているとうっとりしてしまいます。
日本人ですから日本茶をおいしく愉しみたいですね。
[PR]

by bedpeace77 | 2008-06-19 10:15 | モノ語り
2008年 01月 23日

Candle Night


昨日は、満月だったそうです。
みなさんは月を意識して生活していますか?
きれいな星を見に出かける人は多いと思いますが、月を意識して生活されて
いる方はどれくらいいるのでしょう。

昨年、大学時代からの友人に「新月にキャンドルを灯す」と箱に書かれた
ミツロウのキャンドルを頂きました。
わたしの好みを把握し、とってもセンスの良い素敵な彼女が選んでくれた
プレゼントのキャンドル。
もったいなくてまだ使っていないのですが、その箱には2007年1月〜
12月までの月の変化が描かれていて、新月と満月がわかるようになって
います。(見づらくてすみません)↓

d0141436_19573878.jpg


新月は月でいうところの0才。
1日を「ついたち」と呼ぶのも、「月立ち」つまり新月を意味する言葉が
語源なのだそうです。
月の0才、地球を照らす事なく、新たな月が生まれる日。
そんな日はキャンドルを灯して、神聖な気持ちで穏やかに過ごしましょう。
と勝手な解釈をして、キャンドルナイトを楽しんでいます。

そして、わたしが昨年父の日のプレゼントの1つとして送ったのが「月の土地」
御存知の方も多いと思いますが、アメリカルナエンバシー社が販売している
1200坪でたった2700円の月の土地です。
「月のこの部分の土地があなたのものですよ」的な証明書なるものをつける
ともう少しお値段がすると思いますが、たったこれだけの金額で月の土地を
購入できるのです。詳しくはこちら↓
http://www.lunarembassy.jp/index.html

父の日にルナエンバシー社から突然届けられた月の土地所有証明書???
証明書やカードが英語だったらしく、ちんぷんかんぷんだったはずの父。
わたし名義でももう一度購入したいくらい、月がなんだか気になります。
それからというもの、ルナエンバシー社からいつも「満月のお知らせ」が
メールで届くので、最近はカレンダーに「満月」と記入し、
「あ、今日は満月だ」と空を見る事もしばしば。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
どんなに遠くにいる人とでも、同じモノを見る事が出来るって本当に素敵な
事だと思うのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんなこんなで「新月にキャンドルを灯す」と書かれたキャンドルを頂いて
からというもの、自分の中で月とキャンドルを結びつけたわたしですが、
もともとキャンドルが好きで、エコの観点からも昨年全国各地で行われた
キャンドルナイトにわたしもどっぷりつかりました。
東京でお勉強され、いまは北海道で活動されていらっしゃる櫻井芳枝さんの
キャンドルと、同じく北海道で活動されていらっしゃる高野ひろみさんの
銅のキャンドルグッズで電気を使わない素敵な夜を過ごしたのでした。

d0141436_21294141.jpg

球体と円柱のキャンドルが櫻井さんのキャンドルです。
そしてその下に敷いている銅のお皿と、ピンセットのようなキャンドル消し
、そして棒のようなキャンドルを灯す道具、これが高野ひろみさんの作品です。
このキャンドル消しは、口から吹く息で消すよりもずっと煙りを立てずに
スっと消せるのです。
また、長いキャンドルが減ってきた時、火を灯すのに苦労している方も多いと
思いますが、高野さんのこの道具にマッチをつけると、減ってきたキャンドル
にもちょうど良い角度で火を灯す事ができます。

アロマキャンドルで香りを楽しむ事もありますが、今は櫻井さんのキャンドル
で、「色」を楽しんでいます。
たまにですが、やっぱりキャンドルナイトはわたしの生活の中で欠かせない
行事なのでした。
[PR]

by bedpeace77 | 2008-01-23 21:46 | モノ語り
2008年 01月 19日

なにしろ弁当箱が好きなもので・・・


箱の蓋を開ける時のわくわく感、誰もが感じるはず!
だからかもしれません、私はお弁当箱が大好きです。

今現在持っているのはこの4つ↓
d0141436_2356472.jpg


左側2つが、秋田の伝統工芸 杉の曲げ輪っぱ、右奥が木曽ひのき、さわら
を使用した曲げ輪、右手前が北海道を代表する工芸品 蝦夷松を使用した
オケクラフトです。

まずは左手前
d0141436_2357456.jpg
d0141436_23575531.jpg


秋田杉を使用した伝統工芸、曲げ輪っぱの弁当箱です
老舗 栗久の栗盛俊二さんが作るこの弁当箱の大きな特徴は蓋が厚い。
内側の塗装をしていないので、杉がお米の余分な水分を吸収し、ごはんを
おいしく保ってくれる役割をしてくれます。
蓋が厚いということは、それだけ木が余分な水分を吸収してくれるという
わけです。

続いて左奥

d0141436_05713.jpg
d0141436_051989.jpg


秋田大館工芸社の曲げ輪っぱ 二段弁当箱です。
外側も内側もウレタン塗装を施しているので、油物など中に入れるものを
あまり気にせず使えます。
四角いこの形がとっても入れやすいんです。

続いて右奥
d0141436_0104076.jpg
d0141436_011181.jpg


木曽にて樹齢300年を超えて育った木曽ひのきやさわらの天然木を使い、
職人さんがひとつひとつ手造りで仕上げた小判型 二段弁当箱です。
弁当箱本体と蓋の側板はひのき、本体の底板や蓋の天板はさわらの木を使用
しています。大館工芸社のお弁当箱同様、中に入れるものをあまり気にせず
使えます。

最後は・・・
d0141436_017172.jpg
d0141436_017267.jpg


北海道置戸町で作られるオケクラフト 蝦夷松の二段弁当箱です。
これも表面に塗装がしてあるので、中に入れるものをあまり気にせず使えます。
この4つの中では、オケクラフトのお弁当箱が一番新しいのですが、
これはあまりおかずがない時のお弁当にちょうど良い大きさで重宝してます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たとえ、夕食の残り物を詰めただけだとしても、
たとえ、おいしい梅干しとごはんだけだとしても、
どれもとっても素敵!
誰かが心を込めて作っているお弁当箱、それだけで感謝の気持ちでおいしく
食べられます。
d0141436_0314185.jpg
d0141436_0315286.jpg
d0141436_03255.jpg
d0141436_0321698.jpg


数年前に読んだ平松洋子さんの「おいしいくらしのめっけもん」という本の中に
「曲げ輪っぱでおかえりなさい」というタイトルのページがありました。
残業で遅くなるだんなさんの帰りを待たずに寝てしまう時、平松さんは曲げ輪っ
ぱの弁当箱におかずとごはんを詰めて、テーブルの上に置いておくのだそうです。
「レンジでチンしてね」よりもずっと素敵!と感激したわたしは、いつか絶対に
やりたいと心に決めているのです。

いやいや、まだまだあります、お弁当箱の活用法。
お友達の家に遊びに行く時など、小さな和菓子を曲げ輪っぱの二段弁当
に詰めて持って行っても素敵です。

わたしは、普段のお料理の時に器として使う事もあります。
こんな感じです↓
d0141436_1171283.jpg


ジェノベーゼとトマトの2種類のソースのパスタを二段弁当箱で分けました。

色んな使い道があるお弁当箱。
お弁当箱として使う場合、購入の一番のポイントはやっぱりサイズだと
思います。
いつもどれくらいの量を持っていくかということと、お弁当箱のサイズが
合わないといくら素敵でも使わなくなってしまうから。
その時によって詰める量なども変わるのであれば、いくつかあると便利
ですが、おすすめは二段になったもので、ごはん一段、おかず一段がいつも
作る量とちょうどよいものにすると便利だと思います。
おにぎりにした時は、おかずを詰めた一段だけを使用することもできるから
です。
また、子供が小さい時には一段にごはんとおかずを詰めてちょうどよく、
子供が大きくなったら、一段におかず、もう一段にごはんを入れて、長い間
使う事ができるからです。

昔、冷蔵庫などなかった時代の人々が考え出したごはんの保存法。
それがお櫃であり、同じ考えで作られたお弁当箱はやっぱりおいしいに
決まってます。

新生活スタートシーズンももうすぐ。
そろそろお弁当箱について本気で考えてみませんか?
[PR]

by bedpeace77 | 2008-01-19 01:28 | モノ語り
2008年 01月 04日

はじめましてマイケルです

「モノ」というのでしょうか、「ヒト」というのでしょうか。
今日は、わたしとのお付き合いがかれこれ10年近くになる親友を
ご紹介したいと思います。

 名前:マイケル
 身長:47cm
 体重:4kg
 国籍:フィリピン
 素材:天然木



彼との出逢いは、10年程前の冬。
クリスマスも終わりお正月も終わりかけた1月初旬でした。
今はなき雑貨屋さんで、ぱったりと目が合ってしまったのです。
乾燥のため、少し体に亀裂が入っていたマイケルは、「半額でい
いですよ」と店主に言われ、おうちに連れて帰ることにしました。
もうずいぶん前になりますが、生まれたての赤ん坊よりも重たい
マイケルを抱きかかえて地下鉄に乗り込んだ記憶があります。

あれから約10年。
マイケルと旅行もしました。
彼はなんと、四国、直島にあるあの安藤忠雄建築「ベネッセコンテ
ンポラリーアートミュージアム」まで足を運び、穏やかな瀬戸内海
を独占するかのように置かれた草間弥生さんの「南瓜」のオブジェ
の前で記念撮影までしたのです。

フィリピンの職人さんの手によって産まれ、日本までやってきて、
直島まで旅行に行けるとは、本当に幸せな「モノ」です、いや「ヒト」
です。

毎年クリスマスの時期になると、いつもより少しだけ部屋の中心に
やってきて、少しの間だけ主役になれる時がやってきますが、基本は
部屋の壁側でわたしの様子をいつもやさしく見つめていてくれるマイケル。
いつもありがとう!


そんな大切な「宝モノ」、いや「宝ビト」。みなさんもいますか?

d0141436_104172.jpg
d0141436_105682.jpg
d0141436_11838.jpg
d0141436_112222.jpg

[PR]

by bedpeace77 | 2008-01-04 01:15 | モノ語り