2008年 10月 27日

ごはんをおいしく!

わたしは数年前から万古焼のごはん鍋でごはんを炊いています。
という話は以前ブログでもご紹介したのですが、今日はずっと試して
みたかった圧力鍋を使ってご飯を炊いてみました。

うちのお鍋はドイツ フィスラーのプロコレクションというシリーズ。
圧力鍋はフィスラーのビタクイックというシリーズです。
圧力鍋でなくてもフィスラーの鍋は保温性に優れているため、ご飯を炊くと
米粒が一粒一粒立ったつやつやの炊きあがりになると言われています。
せっかくなので、圧力鍋と普通の鍋とで、今日は「時間」と「おいしさ」の
バランス実験。


圧力鍋と言えば、使った事のない人は圧がかかった状態で蓋を開けると
爆発でもするのではないか。
使い方が難しく面倒なのではないか。
などなど、持っていても使いこなせずしまい込んでいる人も多いようです。

まずは同じ条件でお米をといで、といだら浸水させずに30分置いておきます。
同量のお米と同量の水を入れ、普通の鍋、圧力鍋共に中火にかけます。
d0141436_21373189.jpg


3〜5分ほどすると・・・
①プロコレクションの鍋は煮立って蓋が軽く回せるくらいになります
②圧力鍋は真ん中のピンが上に上がってきて黄色い線が二本になります
(これが高圧状態ということ)(写真はまだ一本なので低圧状態という事です)
d0141436_21364052.jpg

①は火をとろ火にして12分
②は火をとろ火にして3分(この状態が圧がかかっている状態です)

その後
①は蒸らさずに出来上がり
②は火を止めて自然放置

圧力鍋の自然放置はピンが下がって蓋を開けられるようになるのに10分程度
かかります。(それが蒸らし時間と考えて良いと思います)

よって、ほとんど同じ時間(火にかけてからトータルで20分程度)で出来ました。

そして出来上がったのがこちら
①プロコレクションの鍋
d0141436_2021584.jpg

②圧力鍋
d0141436_2135887.jpg

①プロコレクションの鍋
d0141436_213223.jpg

②圧力鍋
d0141436_21323695.jpg


いざ食べ比べ
d0141436_2133666.jpg

写真でわかるでしょうか、この違い。

圧力鍋で炊いたご飯の方が、もちもちしていておいしい。
本を見てみると・・・

プロコレクションの鍋は、この時間で炊くと硬めの炊きあがりになります。
そう書いてありました。
柔らかめの炊きあがりにしたい場合は、水分を増やすか、炊いた後に10分
程蒸らすと書いてあるので、圧力鍋で炊いたような炊きあがりにするには、
もうちょっと時間もかかるようです。

ということは・・・
やっぱり圧力鍋は「時間が早く」、「おいしく」
忙しい人にはもってこいの道具と言えるのかもしれません。

実はこの圧力鍋で今まで色んなものを試しています。
カレー、肉じゃが、豚の角煮、ジャム、リゾットなどなど。
そのどれもが本当にあっという間に出来るのです。

今日はたまにわたしが作るチーズリゾットのレシピをご紹介
〈材料〉
米・・・・・・・・・1カップ
玉ねぎ・・・・・・・大1/2個
オリーブオイル・・・大さじ3
白ワイン・・・・・・1/2カップ
スープ・・・・・・・2と1/2カップ(固形スープ1個+湯2と1/2)
粉チーズ・・・・・・大さじ5〜6
塩こしょう・・・・・少々

〈作り方〉
1、玉ねぎはみじん切りにする。
2、圧力鍋にオリーズオイルを入れ、1を透き通るまで中火で炒める。
  ここに米を洗わずに加える。
3、たえず木べらを動かしながら米を炒め、米が透き通ってきたら白ワインと
  スープを加え、手早くかき混ぜる。粉チーズを加えてさらに手早くかき混ぜる。
  味を見て塩こしょうする。
4、3に蓋をして低圧で3分加圧し、火を止める。かためが好みの人はすぐに急冷。
  やわらかめが好みの人は自然放置する。
5、器に盛り、粉チーズ(分量外・適量)をふる。

これで出来上がりです。
お米を洗ったりしないので、玉ねぎを刻む時間を入れても10分程度で出来てしまい
ます。そして本当においしい。
豚の角煮にいたっては、とろとろです。
以前は何時間もかけて煮込んでいた豚の角煮
圧力鍋にしてからは、30〜40分あれば簡単に出来てしまう。

一つ持っていても絶対損はない道具です。
[PR]

by bedpeace77 | 2008-10-27 00:21 | 道具箱


<< 新東京土産      パンと海 >>