「モノ」暮らし日記

monogurasi.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 24日

懐かしい記憶

先日、見知らぬ子供に「爪が伸びてますよ」と注意されました。
歳は4〜5歳の女の子です。
近くにいたお母さんがそう言うしかなかったかのように慌てて
「お姉さんの爪はきれいだからいいのよ」と言いましたが、
わたしは素直に「はい、切ります」と約束。

特に伸ばそうとしているわけではなく、伸びてしまっていただけ
早速帰ってから爪を切りました。

d0141436_21361723.jpg

d0141436_21362854.jpg


以前4歳の姪っ子にも「爪が伸びてますよ」と注意された事もあり、
その時は切るまでしつこく「切って下さい」と言われ、切っても
「もうちょっと切って下さい」と言われ・・・
最近の子供は爪にうるさいな〜などと思っていたのですが、
思い返すとわたしも小さい頃、母によく爪を切りなさいと怒られた
記憶があります。
「今年の目標 爪を切る」と紙に書かされ、台所のドアに貼られた
記憶まであるのです。

爪に絵を描いたり、ストーンをつけたり、爪を伸ばして色んな飾り
つけをするネイルアートはおしゃれの一貫だと言われるこの頃、
「爪を切りなさい」と子供に叱られたのはとっても新鮮でした。
人に注意することができない人間が多い中、大胆にも叱って下さり
ありがとう。

そんなわたしの爪切り道具。
SUWADAの爪切りです。

d0141436_2136448.jpg


SUWADAは、金属の町、新潟県三条市で作られる歴史ある爪切りです。
爪切り本来の「切る」機能を研ぎ澄ますために、素材と熟練した職人の手
仕上げに徹底的にこだわり、デザインもいい。
そしてなんと言ってもとっても使いやすいです。
詳しくはコチラ↓
http://www.suwada.co.jp/aboutus/top.html

これを見た方は今すぐ爪をチェックです!
[PR]

by bedpeace77 | 2008-06-24 22:12 | モノ語り


<< ほうきのいろいろ      急須VS急須 >>