2008年 01月 27日

アナログ生活〜文通のススメ〜

先日、千葉に住むいとこから1通のお手紙が届きました。

先日東京出張の際、何泊か泊めてもらい、彼女がお休みの日に一緒に
吉祥寺までお買い物に行きました。
向かった先は、「36」サブローという名の文房具やさん。
店主のおじいさんが京都で昔ながらの文房具やさんを営んでおられる
ことから、おじいさんのサブローさんという名前をとってつけられた
そうです。
去年、いや、おととし?でしょうか、36さんのホームページからオン
ラインショッピングでお買い物したことはあるものの、ずっと行きた
かったお店で、今回念願叶ってのお買い物でした。

店内は小さいながらも、昔ながらの懐かしい文房具や心くすぐるものが
揃うこのお店。いとこと一緒に「文通でもしようか」と言いながらお買い
物を楽しんだのがつい2週間ほど前です。
早速、文通生活第1号のお手紙が届きました。
それがこちら     ↓
d0141436_0335867.jpg

ヨガのポーズが印刷されている便箋にグラシンペーパーの封筒です。
これも36さんで購入したものです。

そんないとこ姉妹から昨年は、お手紙と一緒に「世界の窓」という本とタオル
ハンカチが届きました。
d0141436_035350.jpg

世界各国の窓の写真集です。旅行に行った気分にもなってしまう素敵な本と
一緒に届いたお手紙。とってもうれしかったです。

実はわたし、「超アナログ人間」。ブログもやっとの思いで始めました。
文通という響きも好きだし、やっぱりメールよりも何よりも手紙は自分の
気持ちを伝える素敵な手段だと思います。
人の手で書いて、それを人の手が運んで、そして人の手に渡る。
手間がかかっている分、気持ちが伝わるんでしょうか。
できる限り大事な事は手紙で伝えたいなとまた改めて感じることができた
のは36さんのおかげです。
吉祥寺へお出かけされた方は、是非お立ち寄りください。

http://www.sublo.net/
d0141436_0364434.jpg

[PR]

by bedpeace77 | 2008-01-27 08:21 | つれづれ


<< ビシっと揃えなさい!!      簡単パンプキンポタージュの出来... >>